完了 我が家の外壁塗装42坪の記録⑦

スポンサーリンク

やっと我が家の外壁と屋根の塗装が完了
しました。

塗装の期間は15日から26日まで。
途中2回の日曜日はお休みで塗装日数は
実質10日間でした。
塗装の流れはざっと
足場設置

高圧洗浄

下塗り

中塗り

上塗り

検査

補修

足場撤去

塗装完了サイン

最終日の10日目は頼んだハウスメーカー
さんのアフターサービス課の課長さんが
塗装の状態をチェックして塗装屋さんが
若干の細かい手直しをして完了。
その後ハウスメーカーの担当さんが来て
最終確認の書類にサインとハンコを押し
て塗装工事が完了しました。

それでは我が家の外壁と屋根の塗装工事
を振り返ります。

スポンサーリンク

外壁塗装の種類はどれにしようか悩む

ハウスメーカーの担当さんの話によると
今外壁塗装の塗料は大きく2つあるそう
です。
推奨された塗料はフッ素とシリコン。

フッ素塗料

フッ素の塗料は耐久性が高く汚れも付き
にくく紫外線や風雨に強いです。
六本木ヒルズや東京スカイツリーにもフッ
素が使われています。
しかし価格がシリコン塗料よりも高くおま
けにフッ素塗料を一度塗ると、次回の塗料
もフッ素塗料に限られるとか。

シリコン塗料

今一般家屋でもっとも使われている塗料が
シリコン。
フッ素塗料よりは劣りますが耐久性も高く
汚れもつきにくく紫外線や風雨に強い塗料
です。
高性能の割に価格が安いのでもっとも使わ
れている塗料です。

フッ素とシリコンどっちがいい?

フッ素塗料とシリコン塗料を比べると、
「耐久性」「耐汚性」「耐候性」ともに
フッ素の方が機能が高いようですが価格
も高く(我が家の見積もりでは+40万円)
若干劣るとは言えシリコンも充分高機能の
塗料なので一般的には圧倒的にシリコンの
方が使われているようです。
なので我が家はシリコンにしました。

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は現実問題としてその
家の立地条件に大きく左右されます。
我が家は築17年で塗装しました。
ハウスメーカーは定期点検の10年点検の頃
から外壁塗装をすすめます。
我が家の場合は10年点検の時はまだ外壁塗装
はすすめられませんでした。

15年点検で初めてすすめられました。
点検したハウスメーカーの人に尋ねたところ
家は立地条件によって耐久年数がかなり違う
ようです。
家が早く傷む原因としては、紫外線の強さ、
風の当たり具合、樹木の多さ(樹木が屋根や
外壁に接触すると傷みやすい)、海風の塩害
などが挙げられます。
その条件によっては耐久年数、外壁の耐用年数
が大幅に違ってくるそうです。

我が家の場合は偶然ですが幸いにも外壁など
が傷みにくい環境でした。
ラッキーでした。
だってこれからも傷みにくいということです
ものね。

でも流石に17年経って傷んできたので今回
の工事になったわけです。

42坪外壁塗装の見積もり

ハウスメーカーのリフォーム部門がフッ素塗装
とシリコン塗装の見積もりを出してきました。

フッ素塗装は約210万円
(塗装工事、塗装下地処理、仮設足場)

シリコン塗装は約166万円
(塗装工事、塗装下地処理、仮設足場)

その差は44万円でした。
見積もり書を詳細に調べると塗料の価格の差
が大きかったです。

外壁塗装は同じ坪数でも塗る壁の面積が大きい
場合と小さい場合では価格が大きく違ったりし
ます。
なので一概に同じ坪数だから同じ価格とはなり
ません。
我が家は全ての部屋に引き戸の雨戸があるので
その分かかったかもしれません。

雨戸の塗装

我が家はトイレと洗面所、お風呂以外は全ての
部屋の窓には雨戸が付いています。
すべて引き戸で部屋ごとに4枚あります。
雨戸の塗装代だけで88,500円。
けっこうかかりましたー

外壁塗装の色は変える?変えない?

外壁塗装の色はハウスメーカーさんに聞いた
ところ元の色と同じ色を塗る家と違う色を塗る
家が半々くらいだそうです。

私の周りの友人たちをリサーチしたところ
やはり半々でした。
私はどうせ塗るなら色を変えて気分一新した
いと思いました。



外壁塗装の手順

1,足場設置(1日)
2,高圧洗浄(1日)
3,下地処理
4,養生
5,下塗り
6,中塗り
7,上塗り
8,雨樋、雨戸、換気口など付帯部分の塗装
9、掃除
10,ハウスメーカーの検査
11,足場撤去

お天気もよく最初の日程通りで完了しました。

ハウスメーカーの検査

塗装が完了すると発注したハウスメーカーの
アフターサービス課の課長さんが塗装の具合
をチェックしました。
屋根から外壁全てを詳細にチェックしていまし
た。
そして多少の手直しをして完了です。
手直しといってもちょっとした塗装のはみ出し
とかの程度です。
この程度は必ずあるようです。

塗装工事の引き渡し

その日の家に我が家のハウスメーカーの担当さん
が来て塗装工事引き渡し書にサインして印鑑を押
しました。
これで工事は完了です。

外壁塗装の感想

今回の塗装は家を建てたハウスメーカーさんの
定期点検からのすすめで行いました。
直接塗装屋さんに外壁塗装を発注する選択肢も
ありました。

もしかしたらそちらの方が安かったかもしれま
せん。
複数の業者から相見積を取って一番安い業者さん
にやってもらった方が安かったかもしれません。
ちょっとそこが心残りです。

でもハウスメーカーさんがしっかり塗装業者さん
の塗装を検査してくれたので安心しました。
こちらは素人なのでどこがどうなのか分かりませ
ん。
多分塗装業者さんもいい加減な仕事をしたら今後
ハウスメーカーの仕事は来ないと分かっているの
で手抜きなどできないはずです。

足場の業者さんも塗装業者さんもとても真面目に
仕事をして下さいました。

工事の時間は8時から5時まで。
8時10分前には我が家に到着して準備をして8時丁度
に玄関チャイムがなります。

「これから仕事に入ります!」
「ハイ、よろしくお願いします」

10時に休憩
12時から1時までお昼休み
3時に休憩

5時きっかりに玄関のチャイム

「今日の仕事は終わらせていただきます」
「ハイ、お疲れ様でした」

ほんとに時報のようにきっかりの時間でした。
なにか、これぞプロ!これぞ職人!

いい仕事をして頂きました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です