五月人形は誰が買うの?

スポンサーリンク

端午の節句に男の子のために飾る五月人形
や鎧や兜。

とても凛々しいですね!

五月人形には武者人形や子供大将、金太郎
のほか鎧や兜が飾るのが一般的です。

ウチはもう飾ることはありませんが主人の
実家のお蔵に仕舞ってあります。
というか、しまいっぱなしですが^^;

ウチの五月人形は武者人形は私の実家から
贈られてきました。
鎧と兜は主人の方の親戚から頂きました。

698860

息子が生まれて最初の年は普通に飾りまし
たが、3歳くらいになるとお人形や鎧兜が
恐いと言って泣くようになりました。
なので、もったいない話ですがそれ以来
飾っていません。
なんとも情けない息子です(笑)

スポンサーリンク

端午の節句と五月人形について

端午の節句の意味

毎年ゴールデンウィーク中の5月5日は
こどもの日の祭日であり端午の節句で
もあります。

この端午の節句は
端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。
(一般社団法人日本人協会より)

五月人形の意味

武者人形や鎧、兜が飾られるようになった
のは江戸時代から。
鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれ
た風習です。
現在では男の子が健やかに育つことを願い
鎧兜が男の子を災難や病気から大切な子ど
もを守ってくれるようにという願いも込め
て飾ります。

五月人形は誰が買うのか

雛人形もそうですがこれは地域差がとても
あります。

概ね、関西ではお嫁さんやお婿さんの両親
が多く、関東では嫁ぎ先の両親が多いなど
と聞きます。

我が家の場合は嫁である私の実家から武者
人形と鯉のぼりが贈られてきました。
そして主人の兄弟や親戚からは兜や鎧など
が贈られてきました。

しかし最近はそのような風習もだんだん薄
れてきて頂いたお祝いのお金でこどもの両
親が購入するというパターンも多いようで
すね。

何も決まりはなく両親がそれとなく両家と
相談してお互い過剰な負担にならないよう
決めたら良いと思います。
なにより大切なのはお人形や鎧兜ではなく
男の子の健やかな成長を願い気持ちですか
らね。




男の子の兄弟の五月人形

次男、三男など他の兄弟の五月人形はどう
したら良いでしょう。

女の子の雛人形と同じで五月人形は一人一
飾りが基本といわれているので、お子様そ
れぞれにお人形を購入するのがベストです
がそれは経済的にも飾るスペース的にも大
変ですね。

なので次男や三男さんには小さめの童人形
や兜飾りなどを購入することが多いようで
すよ。

五月人形を飾る時期

五月人形を買う時期

お店やショッピングモールなどでは早くて
2月くらいから五月人形が店頭に並ぶので
3月初旬くらいまでに注文すると良いです
ね。
名入れが必要な幟(のぼり)などは2月中旬
くらいまでに注文されると良いでしょう。

地方によってはこの名入れされたのぼりが
必須のところがあります。
うっかりしていると我が子だけ名入のぼり
が無くてご近所に恥ずかしい思いをする地
域もあるようです。
実は我が家です^^;

五月人形を飾る時期

五月人形は飾る時期に決まりはありません
が、端午の節句である5月5日よりも前であ
れば良いのでご家庭のスケジュールに合わ
せて飾れば良いと思います。

五月人形を片付ける時期

五月人形は女の子の雛人形と違い早く片付
けないと婚期が遅れるなどという変な言い
伝えはありません。

なので5月5日の端午の節句が終わって遅く
とも5月中旬くらいまでに片付けていただ
くことをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です