家族葬の相談に近くのセレモニーホールに行ってみました

スポンサーリンク

我が家から一番近い車で5分くらいの距離にある
いセレモニーホールへ家族葬の相談に行ってきま
した。

M5vI777caNMXYky1519221291_1519221403

家族葬の流れや費用などをパンフレットを見なが
ら説明してもらいました。

都会や大きな街では家族葬向けのセレモニーホー
ルがたくさんありますが田舎の我が家にはまだ少
ないです。

でも偶然近くに小規模のセレモニーホールがあり
家族葬に対応しているのはラッキーです。
説明を受けた内容を以下にまとめてみました。

スポンサーリンク

家族葬のメリット、デメリット

家族葬のメリット

家族葬のメリット家族や近い親戚、故人の友人だ
けで心から冥福を悼むことができることです。

一般のお葬式にすると会社や地域の関係で過去に
香典もらったからとか、会社の上司のお母さんだ
からとかお義理でただ機会的にお焼香して香典置
いて帰るだけという列席者が多くなります。
正直大半がそうだと思います。
実際私もそうですから。

家族葬

家族葬のデメリット

お葬式が終わった後から訃報を知った方が弔問に
ポツリポツリと訪れ対応やお返しに時間がかかる
ということが生じます。
普通に一般的なお葬式を行ってもそうゆうことは
ありますので家族葬の場合はもっと家庭によっ
ては大変になることもあるようです。

家族葬の費用は当然絶額家族での負担になります。
一般のお葬式のように会葬者が多い場合お香典の
方が葬儀費用より多くなる場合が多いようですが
家族葬の場合はお香典を頂いても人数が少ないの
でトントンか、お寺様へのお布施の金額が大きい
ので赤字になることが予想されます。

家族葬の費用

家族といっても超シンプルなものから一般葬に近
いものまでいろいろあります。
相談に行ったセレモニーホールではいくつかの家
族葬のコースがありました。

直葬コース

もっともシンプルな葬儀がこれ。
逝去の後に納棺して出棺して火葬場に行き火葬し
て拾骨して終了。

コース料金が18万5千円。(会員価格)
事前に1万円を払って会員になった金額です。
入会金ということで毎月お金を積み立てるという
ことはしません。

コースに含まれるものは骨壷、お棺、火葬手続き、
霊柩車、まくらかざり。

遺影の写真やお花、納竿する時に着るきものや
病院等から遺体をのせる寝台車などは含まれず
オプションになります。
究極のシンプルな火葬です。

最近はこの直葬も増えてきたそうですよ。
ただし、お寺様に支払うお布施はこれとは別です。

このコースに上記のオプション等を付けた金額が
27万円の直葬コースになります。

通夜、告別式を家族でやるコース

ふつうにお通夜、告別式を家族でやります。
一般葬と違うのは会葬者がいないということです。
セレモニースタッフも入ります。
ホールは一般葬と同じように2日間使います。
写真やお花、ドライクーラ、各種手続など一般葬
と同じオプションがつきます。
このコースは35万円。

別料金

・初七日や精進落しなどの食事代。
費用は1人×5000円

・香典返し

・お寺様に支払うお布施



我が家の場合

セレモニーホールの方にお話を伺っているうちに
だんだんお葬式のイメージが具体化してきました

我が家の92歳の姑は足も悪く外出も病院だけで
性格もありますが世間とのおつきあいもしてい
ません。
兄弟も皆亡くなり子供や孫との付き合いだけで
す。

なので家族と親しい親戚だけでいざという時は見
送るつもりですがお葬式だけはやってあげたいと
思っています。
でも家族だけで2日間もセレモニーホールに行っ
たり来たりするのもなんなので、仮通夜として
自宅でお通夜を行いお坊さんにお経を読んで頂
き翌日にホールで告別式を行うというのが現実
的のイメージとして浮かんできました。
その際はホールの使用料はマイナス5万円になる
そうです。

多分、我が家の場合は家族親戚でちょうど20人
くらいなのでそれが適当かと思います。

お寺さんに支払うお布施

お寺様にはお経を上げて頂き戒名をつけていただ
くわけですが問題は金額。
セレモニーホールの方に聞くと宗派やその家庭に
よって違いますがだいたい20万から30万円くら
いのようです。

セレモニーホールの方の助言ではお布施を安くす
るコツは最初に

「ウチは今お金が無いので最低限のことだけで
お願いします」

と言うように言われました。
そう言っておくと相場より少ないお布施でもお寺
の方としては受け取るということです。

う~ん、ここらへんは微妙で難しいですよね~
舅のお葬式の時はお坊さんは3人でお経を上げて
下さいました。
3人来られたらそれなりの金額でないと悪いし。
でも最初にお金が今ない状態と言っておけばお坊
さんもひとりで見えるかもしれませんね。
なので最初にはっきり

家族葬で執り行いますので最低限のお経でお願い
します。

と言っちゃおうと思います。
➔葬式関連の記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする