お歳暮のの由来と贈り方

スポンサーリンク

202567

最近はお歳暮のやり取りをする人がめっきり少なく
なったような気がします。

年賀状のやり取りもメールで済ませる人が多くなった
今日このごろですがお歳暮も簡素化でしょうか。
経済的に余裕がなくなった世代が増えたことも一つの
原因かもしれませんね。

でも高額なものでなくても親しい人やお世話になった人
へ感謝を込めてお礼をする良い機会がお歳暮です。

我が家は最近は仕事関係より親しい親戚などでお互いの
好きなものをやり取りしたりしています。

そもそも漠然とお歳暮は習慣化していますがその正式な
意味はなんだったのでしょう。

スポンサーリンク

お歳暮の由来

お歳暮は元々はお正月にご先祖様の霊を迎える御魂祭りのお供え物を、
嫁いだ人や分家の人が暮れのうちに本家に持ち寄るという習慣が始まり
とされているようです。
新潟県などでは実家へ暮れに塩引き鮭を贈る習慣がありますがこれも
お歳暮の一種でしょう。

今のお歳暮はお世話になったひとや親類などへ贈り物をするようにな
っています。
以前は直接贈り物を先方へ持参していましたが以下ではデパートや
お店の配送が主流となっています。

テレビのコマーシャルで
「くれ~の元気のご挨拶ぅ~♪」
と流れてお歳暮を持って相手の玄関へ行くシーンがよく流れ
ますが古き好き時代の光景ですね。

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る時期は地方によって違います。

関東 12月初旬から12月31日
関西 12月13日から12月31日

でも最近は転勤などで日本全国の移動がおおくなり
この送る時期もはっきりしなくなっています。
まして最近は生鮮食料品をお歳暮として贈ることも多くなり
食品によっては時期を選べないものもあり送る時期も
流動的になっています。

そうはいってもだいたい12月20日くらいまでに先方様へ到着
するほうが安心ですね。
早い人は11月の下旬に贈ったりしているようです。

もし年内に贈れなかった場合は
年明けにお年賀や寒中お見舞いとして贈るのがいいですね。

贈る相手

両親、親戚、兄弟、仕事関係、お世話になった人、仲人さん
などですがこればっかりは気持ちですのねあまり縛られない方が
いいですね。

お歳暮の金額

一般的には3000円から5000円が主流です。
これも人それぞれ気持ちなので。
でもあまり高額でもお返しが困るので常識的な価格で
いいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする