愛人の子供の遺産相続

スポンサーリンク

小さい頃から兄弟のように仲の良い従兄弟がいる。

15年くらい前に彼から突然電話がかかってきた。
なんと1年くらい前に付き合っってた浮気相手が
突然従兄弟が経営する会社に赤ちゃんを連れて来
て、、、、、

あなたの赤ちゃんです

従兄弟は呆然。。。

思い起こせばいつかの夜に

今日は大丈夫な日なの

というので避妊具を使わないでイタしたらしい。
赤ちゃんの名前にいたっては寝物語に彼女に
男の子の名前で好きな名前は何?
と聞かれて答えた名前だという。

決定的だったのは赤ちゃんが自分に似てること。
浮気相手が勝手に会わない間に生んだとしても
従兄弟は元来子供好き。
おまけに自分に似てる子。

認知はしない条件で高額の一時金(家一軒買える金額)
と毎月の養育費を支払うことになった。

で、私に一時金のお金が足りないから貸してくれないか
と電話してきたわけ^^;

もちろん奥さんには内緒。
仕方なく私はお金を用意した。
akachan_smile

スポンサーリンク

愛人の子供の遺産相続

平成25年に民法の一部が改正され

嫡出子(婚姻関係の子)と非嫡出子との相続分が同等
になった。

今までは非嫡出子(愛人の子)でも認知されていれば
法定相続人になる。
だけど相続分は実子の半分だけだった。

たとえば子供が2人いたら奥さんが半分、残りを子ども
たちで分ける。
だけど愛人の子は実子の半分だけ。

ところが平成25年12月の改正から
認知されていれば実子と同じく平等に相続人となる。
子供は本妻の子も愛人の子も同じ子供という考え。

でも認知していなければ愛人子(非嫡出子)には相続権は
ない。

一番やっかいなのが、

愛人側が死後に認知訴訟を起こすこと。

訴訟になればDNA鑑定が行われ、生物学上父子と認め
られれば裁判所により「死後認知」という手続きがとられ、
法的にも親子となる。
そうなると当然法定相続人となる。

争いいにならないよう従兄弟には元気でいて欲しい。
ほんとうに切に願う私なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする