お悔やみにアレンジメントを贈ったらとても喜ばれた理由

スポンサーリンク

遠く離れた親しい友人のご家族が突然亡くなられた時のこと。

お悔やみに行きたかったのですが飛行機でしか行けない距離
でもあり突然で日程の取れなかったのでとりあえずお花を贈
りました。

香典はいずれ行って渡すつもりだったので花輪ではなく小さ
なアレンジメントを贈りました。

6498TA1263

葬儀の後で友人からお礼の電話がきました。

葬儀の後に遺骨と自宅に戻り自宅用の祭壇を葬儀社の方が作
った時に贈ってくれたアレンジメントの大きさが一緒に飾る
のにちょうどよい大きさだったと。
花輪はバラさないとそのままでは自宅に持って帰れないけど
アレンジメントはそのまま美しいデザインのまま持って帰れ
るのでせっかく頂いたお花をムダにしないでずっとお供え
できるのでとてもよかったと。

ありがたいお礼の電話でした。

華やかな大きな花輪やスタンド花も故人を偲ぶのに人生の
終わりに厳かですが小さなスタンド花も清々しくて良いも
のですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする