雛人形の種類

スポンサーリンク

雛人形の種類には大きく分けて2つあります。

衣裳着(いしょうぎ)人形と木目込(きめこみ)人形です。

一番巷で目にして最も一般的なのが衣裳着人形。
これは仕立て上げた着物を着せ付けて作っ
た人形です。

木目込人形は木型の溝に沿って裂を貼り
込んだ人形です。

最近はこの木目込み人形を購入される方が
とても増えてきているそうですね。
子供のための物というより年配の方が自分
のためにインテリアとして購入される場合
も多いそうです。

その他では一刀彫、焼物や陶器など。
いずれも季節のインテリアとして人気のようです。

スポンサーリンク

雛人形の飾り方の種類

雛人形の飾り方は一般的に3つ。

親王飾り

9mip6Pb_v7htjMJ1452438072_1452438104
女雛男雛の親王さまだけの飾り方。
女雛は十二単衣を着ています。

三段飾り(五人飾り)

b1f7086324beeb4ad92945ed709e49e5_s

親王様に三人官女を加えた段飾り。
二段目は内裏様に仕えてお世話をする侍女
の三人官女。
お行儀や和歌・漢文等教養がある侍女です。

七段飾り(十五人飾り)

1a2c9bf2830dab6e896afef08c6cf4ed_s

人形が15人揃った段飾り。

一段目・・・親王
二段目・・・三人官女
三段目・・・五人囃子
四段目・・・随臣
五段目・・・仕丁

三段目の五人囃子(ごにんばやし)は
楽器を持ち演奏や謡を披露します。

四段目の随臣は右大臣・左大臣で御殿
をお守りします。

五段目の仕丁(じちょう)は御所の雑用をする従者。

最近は雛人形も住宅事情に合わせて
コンパクトなものが人気です。
七段飾りを自宅に飾るのはスペースも必要
ですし収納も大変です。
一つ一つのお人形や管理も手間です。

しかし、七段飾りの圧倒的な壮麗さは他の
追従を許しません。
何事も簡素化コンパクト化が進んでいますが
スペースと時間とお金に余裕があれば七段飾
りも日本の文化として後世へ伝えたいものの
一つですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする