2019年11月いよいよ我が家の太陽光の固定買取制度(FIT)が終わる

スポンサーリンク

0e26990ffe3098b08accb7b1cda1b1bf_s

いよいよ今年の11月に我が家が電力会社と
契約している太陽光の固定買取制度が終わります。

我が家は2001年に家を建てて屋根に太陽光
を3キロ載せました。

そして2009年に固定買取制度(FIT)というものができました。

それは10年間は固定の金額で太陽光で発電
して余った電力を電力会社が買い取ってく
れるというもの。

それも高値で。

ただし、

10年過ぎたら固定買い取りは終了し買取額は下がる

というもの。

いわゆる「2019年問題」と呼ばれるこの件に関して詳細は前回の記事でハウスメーカー主
催の固定買取制度が終了した時の対応についてのセミナーの様子を書いています。

2019年固定買取制度の終了

先日その第二弾のセミナーがありました。
いよいよ今年(2019年)の11月に我が家の
固定買取制度が終わるので私も超真剣。

スポンサーリンク

固定買取制度(FIT)最新状況

2009年に開始された買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、
余剰電力が買取対象となる制度。
10年間の買取期間が設定されており、2019年以降順次、買取期間の満了をむかえることになります。

例えば、
我が家は2001年に売電を開始しましたが、

我が家のように2009年10月以前に売電を開
始した方は2019年11月に終了。

2009年11月に売電を開始した方は2019年11月に終了。

2012年11月に売電を開始した方は2022年11月に終了。

2018年12月時点での最新情報

まずもっとも重要なのが売電した電気の買取価格。

我が家は今現在(2019年2月)1KWあたり48円で売電しています。
ところがこの48円という売電価格は固定買取制度終了と共に大幅に下がることになります。

前回のハウスメーカーのセミナーでは
講師の方の予想では

「今後の売電の予想は高くて11円、多分8円、
最悪5円」

今回の講師の方の予想では

「大手電力会社は5~6円、新電力会社で7~8円じゃないか?」

ええええ~!

40円も下がるのぉ~!

ヽ(`Д´)ノプンプン

正式な売電価格はまだ発表されていませんが
11月の4ヶ月くらい前までには個別に各家庭
に通知が来るようです。

電力会社の買取義務はなくなる

10年の固定買取制度(FIT)が終了すると
法的には電力会社の買取義務はなくなるのだそうです。

マジ?
そんなの知らなかった。。。

でもいまのところ、引き続き買い取ってはくれるらしいですが。
で、先程書いたように大手電力会社で5,6円、新電力会社で7,8円の予想。

調べたら新電力会社で10円と決定しているところがありました。
ここは最初の2年間は同じ買取価格でその後は1年更新。
→https://www.smart-tech.co.jp/smartfit_lp/

固定買取期間終了後の選択肢

さて我が家のように10年の固定買取期間終了した家庭にはどんな選択肢があるのでしょう。

大きく分けると2つあります。

801319

★自家消費

家庭用蓄電池を購入して昼間発電して家庭で使って余った電力を蓄電池に貯めそれを発電しない夜に使う。
蓄電池の代わりに電気自動車等を購入して充電する。
足りなかった分だけ電力会社から買う。

ハウスメーカーのセミナーでは盛んに蓄電池の設置を勧められます。
金額は200万円。

高~~~~~~~い!

我が家の太陽光はシャープの3キロ。
ほんとうに太陽光の出始めの頃のものです。
今は5キロを載せていいる家がほとんどです。
3キロでは蓄電できる電力もそう多くはありません。
どうなんでしょ?

★売電できる小売電気事業者に売る

小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を買取ってもらうことができます。
引き続き大手電力会社に買ってもらう場合はも新たに契約が必要です。

何れにせよ新たに契約を結ばないと余った電力を買い取ってはくれません。
うっかり放置したままだと終了した翌月からは1円も入りません。
くれぐれも注意してくださいね。

いまのところ大手電力会社より小売電気事業者の方が高く買ってくれるようです。
が、今までのように10年固定とはいかずその都度買取価格が変わるようです。

う~ん、こっちかなぁ~~~?

固定買取期間終了後の電気の使い方





我が家の電気の契約は電化上手という東京電力のプラン。
これは一日の時間帯を朝晩、昼間、深夜という3つに分けてそれぞれ電気料金が違うもの。
午前10時から午後5時までが最も高く、次に朝晩、夜11時から翌朝の7時までの深夜料金がもっとも安いプランです。

なのでタイマーなどを駆使して洗濯や炊飯器食洗機などを安い時間帯に使いましょうというもの。
エコキュートなども深夜電力を利用してお湯を沸かしていました。

そうして昼間の電気の使用をできるだけ少なくして太陽光で発電した電気は売電に回しましょうという考え方でした。

ところが!

今後は電気のお得な使い方がまるで逆転します。
余った電力が今までのように48円なら売った価値があります。
ところがこれが高くても10円となるとそうはいきません。

なぜなら電力会社から買う電気が平均で約24円になるからです。
つまり、自分が使う電気を24円で買うなら昼
間太陽光で発電した電気を自分で使い切った
ほうがお得になるわけです。

できるだけ電気を買わない=昼間発電している時間帯に電気を使う

今までは朝7時前や夜に洗濯機を使っていましたが今後は昼間に使う。
掃除機もそう。
アイロンもそう。
電化製品はできるだけ太陽が出て太陽光が発電している時間帯に使うのです。

だって余らせたって10円くらいでしか売れないのですから。
だったら24円で電力会社から買う電力を減らして太陽光発電を使う方がお得になるんです。

とりあえず、蓄電池が買えない我が家はそんな感じです。

10年固定買取制度を利用した感想





2001年に家を新築した時にハウスメーカーから屋根に太陽光を載せることを勧められました。
東京電力の「電化上手」というプランを利用すると電気代もお得なようでした。
ちなみにこの「電化上手」というプランは2016年3月で終了しています。
でもそれ以前に契約していた家は既得権で今も有効中です。

その当時は国も盛んに家庭用太陽光発電を勧めていて補助金も出ました。
我が家は40万円くらいもらえました。

最初は家庭用太陽光発電の売電金額は電力会社から買ってる金額より若干多いくらいでした。
ところがあれよあれよという間にどんどん売電価格は上がり、固定買取制度が始まった頃
には48円になりました。

これは今思えば完全にぬか喜びでしたね。

と、ここの記事で普通に固定買取制度とか書いていますが、、、
2009年に10年固定買取制度というのが始まったことすら気づきませんでした。
正直に言いますと、この買取制度は永遠に続くものだと安易に思っていました。
主人もそう思っていました。

2017年の8月にハウスメーカーから固定買取制度のセミナーの案内が着て初めて知りました。
無知と言われればそうですが
国も電力会社も都合の悪いことは積極的には周知させないんだと(泣)

今の願いは

蓄電池よもっと安くなって!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする