大掃除の我が家のやり方とコツ

スポンサーリンク

314419

長年大掃除を経験してきました。

子供の頃は親を手伝っての大掃除。
これはあくまで親が主体なので子どもとしての自分はあまり頑張った
記憶がありません^^;
きっといい加減に手伝っていたのでしょうね。

結婚してからは主婦として自分が仕切る大掃除。
この大掃除は家族形態の変化でやり方、やる箇所、やる規模が変わりましたね。

こどもが生まれる前の主人とふたりだけの時は賃貸住宅でしたので
さほど広いわけではないので水回りは主人が仕事に行ってる間に
私だけでやり、窓拭きは大晦日にふたりでやりました。

こどもが生まれて物心つくようになると「大掃除」というものを
知ってもらいたくて大きな行事として家族で大げさにやりました。
子どもたちの成長に合わせて彼らの掃除のやる範囲を広げていき
ました。

子どもたちの個々の部屋の掃除はもちろん自分でやらせ、家全体の窓拭き、
障子の張替え、畳の拭き掃除、壁紙の拭き掃除、玄関まわりの掃除、下駄箱
の掃除、電灯の掃除などは全員で行いました。

年末の大イベントでしたねー。

子どもたちが家を出てからはまた主人と二人なので家の汚れ具合も家族
4人に比べ激減したので窓拭きとフローリングのワックス塗りくらい
でしょうか。

キッチン周りも揚げ物料理をめったにしないせいか普段の掃除で
じゅうぶん綺麗になっています。

なので大掃除のチェックリストなどが色々配布されていますが
あまり拘らないで各家庭の事情でできることだけお掃除すれば良いと
長年の経験で思います。
完璧に大掃除しようとするとストレスが増えるだけです。
気軽にやりましょうよ♫

スポンサーリンク

大掃除に絶対あったら便利なアイテム

私が毎年必ず大掃除に使ってる道具があります。
コレ、今まで自分が買ったお掃除グッズの中で最高の買い物だと
自負しています。
お値段以上どころかお値段の何倍も役に立ちましたよ。
それはスチームクリーナーです。
  ↓

【高圧洗浄機 掃除用品】3気圧 100℃高圧蒸気洗浄 ハンディスチームクリーナー ROYAL-B048

実はコレ、安いので娘と息子のところにも私が買って置いてあります。
安いので壊れたら自分でまた買いなさいと言ってます。

スチームで汚れを浮かしてくれるので洗剤でゴシゴシ擦っても取れない
頑固な汚れもスルスル落ちてくれます。

キッチンの油汚れも、絨毯に付いたシミも、フローリングのシミも、トイレの
便器の奥の汚れも蒸気をかけると溶けて落ちてきます。

ホントにお値段以上の主婦の味方のクリーナーです。
もしも大掃除に必要なお掃除道具をたった一つだけしか買えないのなら
迷わずこれを買います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする