お年玉の相場

スポンサーリンク

ec2b7bc99552633a9b99e2a7ce92f07e_s

お正月といえばお年玉。

お年玉を貰う立場だった子供の頃は誰がいくらお年玉をくれるのかが
最大の懸案でもあり最大の楽しみでわくわくしていました。

親戚のおじさんやおばさんが年始にくるのをどんなに待ちわびていたことか。
親+祖父母+親戚+?
毎年年末から皮算用をしていました。

そして結婚してこどもが生まれてからは自分がお年玉を上げる立場となり
こども、甥、姪、など縁あるこどもたちにお年玉を上げてきました。

ちなみに、わたしはこどもが小学生の頃まで実家の母から自分もお年玉を
貰っていました。
きっと我が家の家計を思って実家の母はくれていたのでしょう^^;

さて、私が今まであげていたお年玉の金額を思い起こしてみました。
あくまでも私の相場です。

スポンサーリンク

お年玉の相場 赤ちゃん

赤ちゃんはお年玉を貰ってもわからないわけですから正直な話、
上げる必要はないと内心思ってます。
でも、上げます。

金額は1000円。

お正月というハレの日でおめでたい日なので上げる方がその場も
和むので1000円あげます。
結局赤ちゃんの親にやるわけですからお付き合いの意味ですね。
自分のこどもが赤ちゃんの時も祖父母はもちろんのこと親戚のおじさん
やおばさんから頂きました。
やはり嬉しかったです。

お年玉の相場 幼稚園

幼稚園くらいになるとお年玉というものを理解するようになっています。

金額は1000円。

2000円はやり過ぎだと思います。

お年玉の相場 小学生

3000円から多くても5000円。

幼稚園や小学生の頃がお年玉をあげるのが一番楽しいですね。
素直に嬉しさを表現してくれるので上げるこっちまで嬉しくなります。

お年玉の相場 中学生

3000円から5000円。

お年玉の相場 高校生

3000円から10000円。

お年玉の相場 大学生

5000円から10000円。

大学生になればお年玉をあげる必要なないと思いますが
それは人それぞれの付き合いや関係があるので一概には
言えません。
私が大学生の時に親や親戚から頂いていました^^;
なので自分のこどもにも大学まであげていました。
でもこれはホントに人それぞれなので自分の考えでいいとおもいますよ。

我が家では親戚が大勢集まる時には親同士でいくらお年玉を
お互い上げるかと談合していました^^;

また自分のこどもが頂いた額と同額を親戚のこどもに上げていました。

親戚が多い場合はひとりひとりには少ない金額でも合計すれば
すごい金額になったりするのあまり無理することはないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする