初詣はいつまでに行けばいい?

スポンサーリンク

8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s

お正月といえば初詣に出かける方が多いと思います。
では初詣はいつまでに行けばいいのでしょうか?

三が日中?
松の内中?
小正月まで?
1月中?
それとも1年で初めてお参りに行くのが初詣?

お正月に行きそびれた時など不安になりますよね。

同級生に神社の息子がおりまして、以前にこの疑問を
聞いてあります。

スポンサーリンク

初詣に行く時期

結論としては、さしたる決まりはないとのことです。
一般的に一番多いのが元旦、お正月三が日中で
次に松の内中、そして1月中だそうです。

なので元旦やお正月中に行けなかったとしてもその後に
都合のいい日に参拝すれば大丈夫だそうです。

初詣とは?

初詣は昔の伝統行事である「年籠り」から発展したものです。
「年籠り」は、一族の長が大晦日の夜から元旦の朝まで氏神様を祭っている神社やお寺に籠る
という行事が起源です。
今は地域の氏子やお当番の男性が地域の神社の社に入って参拝者の居る間は
待機しているところが多いです。
この習慣は年籠りから来ているのかもしれませんね。

年籠りには大晦日の夜に参拝する除夜詣と元旦の朝に参拝する初詣がり
今は初詣が多いようですね。

地方に寄っては年が変わる12時前後に参拝する「二年参り」をする地域もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする