スマップはジャニーズ事務所の奴隷

スポンサーリンク

もしも娘と息子が89歳のお婆さんが独裁している会社に勤務して
時代錯誤の老害パワハラに遭っていたら即刻訴訟を起こして
それからそんな会社なんかやめなさいと言います。

月曜日の異様なスマップの謝罪が忘れられません。
謝罪といってもメリー喜多川に対する奴隷の服従の強いられた
事務所に言わされたセリフだけど。

ジャニーズ事務所に従うテレビ局が情けない。
どこの局もあのスマップのお通夜のような死んだような表情で
怯えたように話す4人のセリフを

「存続で良かった」
「解散しないで良かった」

とか口を揃えてワイドショーでコメントしている。
ほんとにそう思ってるの?

スマップがかわいそう。
40前後のいい大人が89歳の老婆に服従を誓わせられるなんて。

もう自由奔放で楽しい5人が見られないと思うと悲しくて
寂しくて悔しくてしょうがない。

スポンサーリンク

総務省

実は身内が某放送局で働いてます。
放送局は国から放送免許をもらって放送事業をしている会社。
その放送免許は期間があって何年かごとに更新される。
なにか問題があれば更新されない場合もでてくる。
そうなったら放送局は潰れるしかない。
なので重大な放送事故があると総務省から呼び出されてお叱りを受ける。
だから放送局が一番恐いのが総務省。

法務省はこんなジャニーズ事務所の言いなりになって公共の電波で
謝罪(メリー喜多川へ)させるような番組を作るのを厳重注意して
ペナルティーを課して欲しい。

今回のスマップの騒動で娘もスマップのファンだけど私の方がより
頭にきているのがよく分かった^^;
やっぱファン歴が娘よりはるかに長いもんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする