家族の引っ越し単身赴任の引っ越し学生の引っ越し

スポンサーリンク

我が家の引越歴はまず子どもが生まれて新婚時代から暮らしていた賃貸のマンション
からやはり賃貸ですが少し大きなマンションに引っ越しました。

そして二人目の子どもが生まれる頃に家を建てて、マンションから新築の家へ引っ越し
しました。
その後夫は2回単身赴任で引っ越しをして、子どもたちは大学進学でそれぞれ引っ越し
をしました。

家族の引っ越し

家族としての引っ越しは一人目のこどもである娘が生まれた後です。
この時は娘もまだ赤ちゃんで引っ越しの準備が大変だったのでパッキングから
全て引っ越し業者に依頼しました。

家族としての2回めの引っ越しは家を建てた時。
この時は運ぶ物も増えてけっこうな荷物でした。
これも引越し屋さんにお願いしました。
パッキングは自分たちでやりましたが^^;

夫の単身赴任の引っ越し

1回めの単身赴任は新潟。
食事付き家具付き大浴場付きの単身赴任者用のマンションもありましたが
夫はプライベートを大事にする人なので1Kの部屋を借りました。

2回目の単身赴任東京。
同様に1Kの部屋を借りました。

今時はレンタル家電などがあって便利ですがイマイチ気に入った家電では
なかったので購入しました。
買ったのはテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、オーブントースター
アイロン。
その後に空気清浄機、加湿器などを買い足しました。

家電はこっちで買って持ってたものと赴任先で買ったものと色々です。

引っ越しは最初は自分でバンを借りて運ぼうかと思いましたが事故があっても
困るし運びても必要なので引越し屋さんにお願いしました。

こどもが大学で進学するために引っ越し

娘と息子が大学進学で引っ越ししました。
娘の新居の家電は夫が使っていたものを使わせました。
息子の時はリサイクル店で揃えました。
娘も息子も荷物は少ないようでいてそこそこあったので
単身パックの引っ越しにしました。

スポンサーリンク

引っ越しの見積もり

最初の家族の引っ越しの時は初めての引っ越しだったので知識もなく
子どもも幼いため余裕がなくテレビのCMでよく見る引越し業者に電話
してお願いしました。
電話したら翌日に見積もりに来てくれました。
私もその金額が高いのか安いのか妥当なのかわからないまま契約しました。
主人は仕事が忙しくすべて私に任せてあったし、引っ越しのことは主人も
よくわからないので特に何も意見は言わなかったです。

パッキングからなにから全部やってもらったのでけっこうな金額でした。

新居での生活も落ち着きご近所とも仲良くなった頃お互いの引っ越しに
ついての話になりました。

我が家の引っ越しの金額と内容を話したら、

え!それ高いんじゃない?
他の業者の見積もりはどうだったの?

え?
他の業者の見積もりって?
何社も見積もり頼むの超面倒くさいし。。。

そう言ったらご近所ママさんたちに呆れられました。
見積もりは1社だけでなく複数の業者から取って合見積を取るもんだと。

今時はカンタンに複数の引越し業者にネットで無料で見積もりしてもらって
一番自分の条件に合う引越し業者を選べるんですね!
    ↓
無料一括見積もりはこちら

最短1分で一番安い引越し業者が探せる
サカイ引越センター、アート引越センター、日本通運、ダック引越センター、
ハート引越センター、アーク引越センターなどの大手引越し業者から地域密着型の
業者まで全国220社以上。



知らなんだ~^^;^^;^^;

夫の単身赴任と子どもたちの引っ越しは単身パックにしました。



引越し単身パックは数多くの業者が取り扱っていますが、業者によってボックス
の大きさや金額が違うので絶対比べた方がいいです。

単身でも荷物がとても多い場合は普通の引っ越しの方が良いだろうし
ともかく見積もりしてもらってから業者と引越のタイプを決めた方が
賢明だと思います。

春は引っ越しの記憶がフラッシュバックするのか、何も予定が無くても
なんか気ぜわしいです^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする