雛人形を仕舞う時期

スポンサーリンク

7de77c7386b51d5e6fcb04ade4ca3f70_s
今日は3月4日
昨日のひな祭りはいかがお過ごしでしたか?
我が家は娘も独立したので旦那様とふたりでごく普通の日でした。

でも娘が言葉を覚えたての頃、初めて「うれしいひな祭り」の歌を
可愛らしい声で歌った様子をふたりで懐かしく話していました。

娘は「さしすせそ」が「ちゃちちゅちぇちょ」としか言えず
それが可愛くて可愛くて、ずっとこのままでいてくれたらいいのに
と思っていました。

が、そんなことはなく、それなりに反抗期もありました^^;

さて、雛人形を飾る時はけっこうテンションが上がるのですが
仕舞うのは面倒ということもありつい億劫になってしまいます。
しかし、娘の嫁入りが遅くなるのも困ります。
ま、主人はそれでも良かったらしいですが^^;

スポンサーリンク

雛人形を仕舞う時期

雛人形を飾る時も仕舞う時も関東と関西では、違うようです。
お内裏様とお雛様を飾る位置も関東と関西では逆になりますし、
飾る時期も
関東では、立春から啓蟄頃、
関西では、2月下旬から旧暦雛祭り(4月3日頃)を
目安にしているようですね。

ひな祭りも終わるとすぐに男の子のお祭り端午の節句です。
ウチの息子は五月人形が恐くて恐くて近づきませんでした。
特に夜はいっそう怖がっていました。
息子に聞くと大人になった今でも怖いそうです。

まったく不甲斐ない息子ですねー

雛人形もキットを買って手作りするお母さんやお父さんが増えて
いるらしいですが五月人形もまたキットでの手作りが小さなブーム
のようですね。


凛々しくて可愛いですね!

この他にも鎧や兜、鯉のぼりのキットなど盛りだくさんです。
五月人形キット一覧はこちら>>>

鯉のぼりのキットが私的には可愛くてすきだなぁ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする