車の賢い買い替え方

スポンサーリンク

image

大学を卒業してから免許を取り早◯◯年車をほぼ運転しています。
地方都市の田舎に住んでいると車は足代わり。
昔は近くにバスも通っていたのですが赤字で廃止になりました。
車を運転できないとどこへも行けません。

なので今乗ってるフィットで自分の車に関しては6代目です。

車は家族の歴史だと思います。
子どもがいない時は主人と二人っきりなので主人の好きな
スポーツカーと私の買い物車の普通車。

子どもが2人になると主人の車はワゴン車になり
私の車は軽自動車になりました。

家族で遠出をする時はワゴン車で、買い物や子どもの
習い事の送り迎えは軽自動車で。

子どもたちが家を出ると再びふたりになりましたが
さすがに主人はスポーツカーではなく普通車の乗用車
で私はリッターカーになりました。

この間に新車だったり中古車だったり経済的事情で
いろんなパターンがありました。
車の歴史は家族の歴史でもありますね。

以前は車を買う時はディーラーに行って目星の車を試乗して
それまで乗ってた車を引き取って貰い、買う価格から差し引いて
もらっていました。

ま、今思えばディーラーの思うがままでしたね^^;

車を自分の車も含めて(夫の車、家族の車)何台も買い替えてくると
流石に買い替えの知恵がついてきます。

私が車の免許を取って初めて中古車を買った時代からは考え
られないくらい中古自動車屋さんが増えました。

もっと時代を感じるのは昔は

今のように車査定をする業者なんて
ありませんでした。
ましてやネットで査定するなんて皆無でした。
さらにネットで見積もり取ったり中古車探すとか
もっと言えばヤフオクで車が買えるなんて!

ま、昔話をしてもしょうがないですね~^^;

スポンサーリンク

車の賢い買い替え方

今の我が家の方法はこんな感じです。

まず、どこでもいいですが、ネットで車査定をしてくれるところに
入力して自分の車の買取価格を調べます。
買取価格は少し幅がありますがだいたいのラインはつかめます。
ガリバー車査定

でディーラーで値引き交渉する時に買取価格を参考にします。
あまりに安い引き取り価格だったら
「車査定では〇〇万でした」
と価格を出して交渉します。

交渉しても買取価格に到底及ばないようだったら
思い切ってディーラーでは車を買うだけにして
乗ってた車は買取業者に買い取ってもらいます。

今までの経験から言うと軽自動車は予想以上に高く買い取って
もらえました。
いちばんびっくりしたのが軽トラック。
かなりボロくても予想外の価格を出してくれました。
特に311の地震の後は高く買ってくれました。
たぶん軽トラックの中古車の需要が大きかったのでしょうね。

予想外に低い買取価格だったのが外車。
清水から飛び降りるような気持ちで主人の憧れの外車を
買ったのに売る時はさんざんな価格でした。

外車はタイヤにしても部品にしてもとても高いので
維持費がかかりました^^;
ま、主人も一度憧れの車に乗れて満足したので手放す
のに躊躇はなかったようでした。

今後は外車は中古車で買うつもりです。
だって数年落ちで価格が雲泥の差で安くなるんですもん。
新車で買うなんてバカらしいとつくずく思いました。
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう

幸いにも大きな事故もなく運転してきました。
あ、もちろん、ぶつけたり、擦ったり、小さな事故もあったし
いろいろありましたが。
でも命に関わるようなことはありませんでした。

今心配なのは子どもたちの車の運転です。
こればっかりは安全に事故もなく運転することを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする