七五三のやり方

スポンサーリンク

bb9953e2d61918d744950c78b97beff0_s

我が家は男の子と女の子が一人づついるのでそれぞれ
親子できものを着て楽しみました。

娘の3歳の可愛い着物姿やキリリとした7歳の袴姿、
息子のかっこいい小さなサムライのような出で立ちは
今ではいい思い出です。

スポンサーリンク

七五三の時期はいつ?

七五三のお参りの時期は11月15日です。
一般的には10月の中旬から11月の前半にその家庭の都合の良い日
に神社へお参りすることが多いようです。

我が家はたしか平日に行きました。

七五三をする年齢

男の子は3歳と5歳
女の子は3歳と7歳

昔は数え年でやっていたようですが
近年は満年齢でやる家庭が一般的のようです。
でも兄弟姉妹で一緒にやる場合は数えや満でやったり
都合でやりやすいようにやるようです。

またそれぞれの年齢でその都度やる家庭もあれば
まとめて5歳でやったりこれも家庭によって変動が
あるようですね。

あまりキッチリ考えずにそれぞれの家庭で都合の良いように
七五三をお祝いすればいいんじゃないでしょうか。

七五三のいわれ

(富岡八幡宮ホームページ参照)
https://www.tomiokahachimangu.or.jp/753/htmls/iware.html

「七五三」は子供たちの健やかな成長を祝う 日本古来の行事です
今までのご加護に感謝しこれからもお守りいただけますよう
氏神様にお参りしましょう

「七五三」は遠く室町時代にはじまります。
以下がそれぞれの年齢の祝いの意味です。

3歳  髪置の儀

昔は、誕生から3歳になるまでの子供は髪を伸ばさず一部を残して
剃りあげていました。
3歳にはじめて髪を伸ばすお祝いが「髪置」です。

5歳  着袴の儀

5歳になると、男の子ははじめて袴をつけます。武士の時代になると、
この時に碁盤の上に乗るなどして、武運長久を祈りました。

7歳  帯解の儀

7歳の女の子は、それまで着物を止めていた付紐をはずして、
大人と同じく帯を締めるようになります。帯を着けることで、
幼児から子供の仲間入りをします。

我が家の七五三

我が家は娘は3歳と7歳でやり、息子は3歳と5歳でやりました。
娘の7歳と息子の5歳の七五三は明治神宮にお参りしました。

この時は地方に住むそれぞれの両親と東京在住の叔父叔母も
集まり賑やかなお参りでした。
参道の玉砂利を息子が歩きにくそうでったので途中からは
足元はスニーカーに履き替えてのお参りでした。

あの時の情景は昨日のことのように思い出されますが
成人した息子と娘を見ると流れた年月があまりに速くて
呆然としてしまいます。

ちなみにこの七五三以来息子は千歳飴が大好きになり
七五三の時期になるとお店で売ってる千歳飴を欲しがり
今でも自分で買って食べてるようです^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする