ハロウィンの由来と楽しみ方

スポンサーリンク

10月31日はハロウィン。

年々日本でも盛んになっていますね!
もはや仮装でイベントは秋の風物詩。

神社で初詣してお彼岸やお盆にお寺でお参りして
クリスマスもしっかりお祝いして
結婚式場の教会でウェディングドレス着て結婚して
お葬式はお坊さん呼んでお寺のお墓に入る日本人
にとってハロウィンを楽しむなんて朝飯前。

我が家も子どもたちが小さい時はおもいっきり
楽しんじゃいましたよ♪

スポンサーリンク

ハロウィンの由来

ハロウィンはケルト人のお祭りで
11月1日の「諸聖人の日」「万聖節」の前夜祭。

収穫をお祝いするとともに、悪魔や魔女がやって来て
災いをもたらすとされていました。
そこで、身を守るために仮面をかぶったり、悪霊や魔女
の恰好をして仲間にみせかけたりしたのが、仮装の始まり
と言われています。

ハロウィンの仮装

我が家がハロウィンを身近に知ったのは子どもたちが
幼児の頃に通ってた英語教室で。
先生が全員ネイティブの欧米人だったせいかハロウィン
のイベントは盛大に行われました。

英語教室の子どもたち全員で列を成して可愛い仮装をして
練り歩き「トリック・オア・トリートTrick or treat.」
=おやつをくれないといたずらするぞ!
と、声を揃えてお店に入ります。

予め英語教室と話がついてるお店の人がお菓子を子どもたち
に渡してくれました。

親はちょっと離れたところで子どもたちを見守っていました。

娘は可愛い魔女の仮装で、息子は可愛い悪魔くんの仮装。
可愛かったなぁ~!

娘や息子は友人同士のハロウィンパーティーでやっぱり
仮装して楽しんでるようです。

今どきは仮装専門のショップがあるんですね!

パーティーコスチューム&グッズ

わたしも今年は利用しようと思ってます♪

初詣にしろお盆にしろクリスマスにしろ
ハロウィンにしろほとんどのイベントは宗教が関係しています。
でも日本人はあまり宗教に関係なくイベントだけ楽しんでいます。
それを節操が無いとか言う人もいますが、わたしはみんなが集まって
楽しむならそれはそれで良いと思っています。

ガチガチに宗教的意味を追求するのもしかりですが
世界のいろんな行事をおおらかに楽しみのも世界平和といえば
オーバーですが相互理解に役立つと思うのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする